学校の伝染病の情報

学校でのうつ病対策について

学生の中にはうつ病に悩む生徒も近年では少なくありません。そのため、学校に心理カウンセラーが常駐して、学生の心のケアに取り組んでいるところもあります。大学などでは専門の医師が対応してくれるので、登校が困難になった生徒のメンタル面でのサポートを行っています。学生の中には就職活動で自信をなくし、うつ病を発症してしまうケースがあります。そのため、ゼミなどの授業にも参加が困難となり、単位取得にも影響が出てしまいます。こうした学生のために、専門の医師によって処方箋の投与もしてもらうことができ、学校の中で専門の診察・治療を施してもらうことができるようになっています。

学校の時計

教職員が抱えるうつ病のリスク

学校の教職員は、生徒とその両親に対してのケアが重要な責務の1つです。特に、高校の教職員であれば、進学の状況が大きな問題となっています。進学校であれば、希望校に進学できなかった場合には、なにより教職員の指導力不足を訴えてきます。さらに、日常の通常指導においても、両親が生徒の現状をしっかりと把握していないにもかかわらず、生徒の擁護をするようなモンスターペアレントが続出していることからも、教職員のストレス状態が悪化しています。その結果として精神コントロールができなくなり、うつ病を患ってしまうことにつながります。

© インフルエンザ流行と学校. All rights reserved.