学校の伝染病の情報

新着情報

学校とインフルエンザ

人が密集していて、その人同士がよく話し、空気が乾燥している。これはインフルエンザが流行しやすい環境です。そして、この条件がそろっているのが学校です。ですから、1人でも感染者が出れば、流行は遼原の火のごとく広まります。これを食い止めるには、感染した生徒を登校させない措置が必要です。学校には、インフルエンザにかかった生徒は出席停止、となります。しかし、皆勤を目標に学校へ来ている生徒にとっては、お休みはしたくないものです。ですから、インフルエンザにかかった生徒は、「出席停止」という扱いになります。つまり、学校に命じられて登校しないのだから、欠席にはしませんよ、ということなのです。

学校の時計

インフルエンザに感染した場合

インフルエンザは、非常に感染力が強い感染病の一つで、冬から春にかけて大流行し、多くの人が感染します。もし、学生で感染してしまった場合、学校は出席停止扱いになります。出席停止ということは、医師から登校許可証が下りるまで、登校してはいけないということです。もちろん、この期間中に「治ったし、元気なったから」という理由で外出することは認められていません。インフルエンザは、非常に感染力が強い一方で、すぐに熱が下がってしまい、治りやすい病気として知られています。そのため、登校許可が下りるまで学校に行けないため、外で遊んでいる学生が多くいます。

© インフルエンザ流行と学校. All rights reserved.